ワキガの原因は体質的な部分も大きい

###Site Name###

ワキガというと不潔なイメージが湧きます。


しかし実はそれだけが原因ではありません。

ワキガの原因は、アポクリル汗腺からの分泌物が皮膚の常在菌に分解されて発生するにおいです。

通常の汗臭さはエクリル汗腺という別の汗腺からの分泌物が発するにおいであり、ワキガとはまた違うにおいです。



ワキガの原因となるアポクリル汗腺は人によってその数が違います。

またアポクリル汗腺からの分泌物の量も違います。つまり、アポクリル汗腺が多く、分泌物も多いとワキガを発する可能性が高くなります。
ワキガとは体質的なものが大きな原因で、決して不潔だけが原因ではありません。
不潔が原因であるというイメージが湧くのは、脇を清潔に保つことである程度においを抑えられる、ということからきているのだと予想されます。ただし、どんなに清潔に保っても全くにおいを断つことはなかなか難しく、決して不潔だけが原因ではありません。



どうしても鼻につくにおいであり、周囲から冷たい目で見られてしまうワキガですが、体質的な問題であり、本人の力だけではなかなか解決しない問題であることを周囲が理解できると、本人たちも少しは楽になります。
実は欧米では多くの人がこの問題をきえており、周りからはあまり気にされません。

一方で日本では割合が少ないです。
そのために、余計に周りの人々の目が冷たくなります。



コンプレックスになり、消極的になってしまうこともあります。

世間の認識を変える必要のある問題でもあります。